本ソフトウェアに関してのライセンス概要

このサイトで紹介するソフトウェア群(SPGを除く)のすべての権利は公益財団法人日本スケート連盟(以降JSFと表現します)が所持しています。またJSFがこのソフトウェア(オフラインVCを除く)をその傘下の連盟が開催し管理する競技会で使用する場合には、その運用資格をJSFから認定されている有資格者が必要です。またJSFはその運用規程を本サイトに掲出していますので、利用者は必ずこの規定に従う必要があります。都道府県連盟に対してのこの利用規定には例外はありません。加えて基本契約者はJSFに対して個人情報の保護に関する誓約書をJSFに提出する事が求められます。基本契約者がこの誓約を行わない場合にはFX2リザルトシステムを使用する事はできません。すべてのライセンス規程を遵守していただけない場合には、全てのFX2ソフトウェアを使用する事はできず、またライセンスの更新も受理できない場合があります。またオフラインVCに関しては2020年1月1日からオープンライセンスとなりました。当該ソフトウェアのご使用に関してはあくまでの使用者責任となり、サポートを受ける場合にはも所定の費用が発生することにご注意ください。

原則的な考え方について

1) FX2に関しJSFが開発に関与したソフトウェア(SPGなどを除く)の全ての権利はJSFが保有し管理します。
2) RSライセンスは基本ライセンスと追加ライセンスがありそれぞれ年度更新です。
3) その他のJS, DO, VC(オフラインVCを除く)のライセンスは自動継続ライセンスであり、当該バージョンが存続する期間において年度更新費用は発生しません。大規模な更新が行われた場合にはこの限りではありません。
4) すべてのソフトウェアをインストールするPCの台数に制限はありませんが、RSだけはライセンス認証を受けたPCだけで運用できます。
5) 特に認められた場合を除き、JSF主催大会およびこれに準ずる全国大会では本ライセンスの使用は認められません。
6) 特に認められた場合を除き、国内で開催される国際大会(主に英語をメイン言語とする大会)では本ライセンスの使用は認められません。
7) 施設向けライセンス規程は別途制定されます。しかしながらそれらを競技会で使用する場合の運用管理者規定は施設向けライセンスにも適用されます。

ライセンスの適用範囲と運用制限

1) IJSで大会を主催、主管しようとする都道府県連盟は、必ずRSの基本ライセンスを取得しなければなりません。
2) FX2をインストールしたPCなどは、それを所有する都道府県を超えて運用することができます。
3) 他府県からオフライン/オンラインの機材提供を受ける場合であっても、試合を主催、主管する都道府県連盟はRS基本ライセンスが必要です。補足を後述します。
4) FX2を運用する局面において、原価的支出以外の費用の発生または請求することはできません。
5) FX2ライセンス契約責任者は各都道府県連盟が定めたJSF登録競技者とします。ライセンス契約責任者が非登録者となった場合には、関係するライセンスは全て効力を失います。しかしながら基本契約者の変更届を提出した場合にはこの限りではありません。
6) オフライン/オンラインを問わずいかなる場合でも、そのシステムを競技会で運用するためには、使用するシステム形態に見合ったJSFが認めたFX2運用管理者の立ち合いが必要です。
7) FX2運用管理者の立ち合い無しでシステムを運用した場合、また定められた規程に従っていない運用を行った場合には、JSFは基本契約ライセンスを無期限で停止することがあります。

主催、主管に関する補足

1) 共催の場合には主管連盟に基本ライセンスが必要です。
2) 共管の場合には共管する全ての連盟に基本ライセンスが必要です。
3) 主催、共催、主管、共管に関して不明点がある場合には、必ず事前にJSF事業部までお問い合わせください。

運用管理者についての明確化

1) 運用管理者のの種類は「オフライン運用管理者」と「オンライン運用管理者」とします。
2) オフライン運用管理者はオフラインシステム(RSスタンドアロン)の成績処理を監督・運用でき、オンライン運用管理者はネットワーク接続されたオンラインシステム(RS,JS,DO,VC)の成績処理を監督・運用できます。
3) VCだけを単独で使用する場合にはFX2運用管理者は不要とします。
4) どちらの管理者も2年に1回のJSFが開催する検定会に参加し、テスト、実技およびインタビューに合格する必要があります。
5) オフラインとオンラインの運用管理者は別の資格とします。オンライン運用管理者はオフライン運用管理者を兼ねることができます。

ライセンスに関しての情報提供、料金について

1) ライセンスやシステムに関しての情報提供は(株)コムネットが行います。
2) ライセンスに関する問い合わせは(株)コムネットが一次窓口となります。
3) ライセンスの発行や更新料の徴収などは引き続き(株)コムネットが行います。

種類

形態

種類

今回(税別)

RS

リザルト・システム

年間ライセンス

基本

新規・継続共 \20,000

追加

新規・継続共 \10,000

以下のライセンスをお求めになる場合には、RSの有効なライセンスをお持ちである必要があります。

JS

ジャッジ・システム

継続ライセンス

 

¥12,000

DO

データ・オペレータ

継続ライセンス

 

¥12,000

VC

ビデオ・カッター

継続ライセンス

 

¥12,000

用語用例と明確化

JSF

公益財団法人日本スケート連盟

ライセンス

ソフトウェアの非独占的使用権を取得しそれをPCにインストールするための権利の総称です。

ライセンス(FX2)

2015年7月以降のライセンス体系

FX2基本契約者 

FX2の基本ライセンスを取得したJSFの登録者、FX2のユーザと同意です。

FX2運用管理者

FX2を競技会で使用するために必要な知識を有するとJSFが認め、JSFがその運用・管理を競技会で行う事を認めた者に与える資格です。

※ FX2基本契約者とFX2運用管理者は同一でも同一でなくても構いません。2016年7月1日以降はFX2運用管理者の立ち合いが無ければFX2を競技会で使用することはできません。

↑ PAGE TOP